おすすめ漫画【ぼくらの】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ぼくらの

このページでは物語の序盤、導入部のみネタバレしています。
ストーリーの結末や、大筋を楽しむには影響がないよう気を付けております。

概要

全11巻 完結済
作者:鬼頭莫宏 月刊IKKI
ぼくらの1巻表紙鬼頭莫宏

あらすじ

夏休みの自然教室に参加した少年少女15人(中学生14人+小学生1人)は、海岸で見つけた洞窟を探検し、その奥で洞窟の雰囲気には似つかわしくないパソコンルームを発見する。
そこに現れたココペリと名乗る男から『ゲームをやらないか?』と持ち掛けられ、不審に思いながらも彼らはゲーム参加の契約をする。

ココペリは、巨大ロボットに乗って敵を倒し、地球を救うゲームだと伝える。
チュートリアルとして実際に操縦してみせ、敵の弱点を教えて勝利した後、姿を消した。
地上からコックピットへ一瞬で転送されたり、念じるだけで動かせるロボットなど、現実離れした状況に子供たちは驚き、恐怖心はあったがゲームに参加することを決める。
そのロボットは阿野万記(マキ)の提案でZearth(ジアース)と名付けられた。

そして最初の対戦では、口の悪い謎の浮遊生物『コエムシ』のサポートを受け、見事、敵性怪獣を倒すことに成功するが、パイロット和久隆(ワク)はZearthから転落し、後日遺体で発見される。


参考画像

マキの提案で究極という意味のZを使いZearthと名付けられる

感想

簡単に言うと、少年少女が巨大ロボットを操縦し、敵性怪獣を倒して地球を滅亡から救う話。
しかし、とある設定のためにそんな簡単な話ではなくなっています。
まさにその設定こそが『ぼくらの』の本質ですが、ネタバレになるかの判断が難しかったので、あらすじには書きませんでした。

その設定のためかはわかりませんが、私たちが住むこの世界と、『ぼくらの』の世界は微妙に違います。
日本が軍隊を保有していたり、自動車の形が虫っぽい、etc…。

ストーリーは理不尽でとても悲しくなるけど、勇気をもらえる作品だと思います。
子供たちがいろんな意味で強すぎる。
最初は加古功(カコ)だけしょぼいなって思ってましたが、逆に普通の中学生ってこんなもんなんだろうなぁ。って、正直思う。
唯一の小学生、宇白可奈(カナ)は私(35歳)より大人なんじゃないかと思えるぐらい立派でかっこいいです。
そして泣かせる。

個人的に好きなのは門司邦彦(モジ)の回と往住愛子(アンコ)の回です。
モジは当初、嫌な奴かと思っていたら…からのギャップが、アンコは何と言っても町洋子(マチ)をかばうシーン。
お父さんもかっこよかったです。

感動できるおすすめの漫画を一つ教えてって聞かれたら私はこの作品を回答の候補に入れます。
あえて残念な点を挙げるとすれば、戦闘シーンに迫力がないかな…って思います。

>ぼくらの(1)【電子書籍】[ 鬼頭莫宏 ]

価格:540円
(2017/3/12 15:29時点)
感想(0件)