おすすめ漫画【いでじゅう!】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

県立伊手高校柔道部物語・いでじゅう!

このページでは物語の序盤、導入部のみネタバレしています。
ストーリーの結末や、大筋を楽しむには影響がないよう気を付けております。

概要

全13巻 完結済
作者:モリタイシ 週刊少年サンデー

あらすじ

マンガを影響を受けて柔道に憧れ、柔道の強豪、県立伊手高校に入学した林田亀太郎。
しかし、伊手高校が強豪校だったのは過去の話。
現在は廃部ギリギリで踏みとどまっている状態。
三年生の引退後、残った一年生の中から部長に選ばれた林田は、全国大会出場を夢見て今日も練習に勤しむ…が、残念ながら周りはそこまでのやる気はない、みたいな話。

主人公の林田は髪が薄いことと、名前がダサいことに悩む熱血柔道少年。個性豊かな柔道部員たちをまとめ上げられる唯一の存在。
ヒロインの森桃里はお笑いに目がなく、刺激的な高校生活を求めていた。
しかし、いまいちやりたいことが見つけられないでいた。
そんな時、親友のベリ子がきっかけとなり奇人変人の巣窟、柔道部に入部する。
ちなみに父、桃児はラーメン屋でマスクドダルマン。

そんな二人の高校生らしく微笑ましい恋愛模様、柔道部の濃厚な面々が巻き起こすひと騒動、笑いあり涙ありのラブコメディ。



参考画像

感想

タイトルだけ見ると、むさくるしくて汗臭いのをイメージされるかもしれませんが、何のことはなく、ほのぼのとゆるいコメディです。
舞台は恐らく三重県。

私は前半のドタバタギャグっぽい感じよりも、後半の青春ラブコメの方が好きでした。
ただ、共通してこの漫画の魅力は個性豊かなキャラ達だと思います。

個人的に好きなキャラを紹介したかったのですが、チョメジにしようか、中山朔美にしようか、皮村や藤原も…って選べなくなってしまいました。
それだけ魅力的なキャラが多いってことですね。
チョメジは最強、なかさくは健気、皮村は変態ブサイク、藤原はちょんまげ番長(痩せると美形)。

不満を挙げるとすればミウミウや東のキャラをもっと活かして欲しかったなって思います。
『アンギャー』か『フォー』で安定してしまっていた感があります。
でもミウミウが、とある決断をする場面は感動しましたけどね。

どのキャラもみんなお気に入りなんですが、皮村と中山ちゃんがうまくいったら嫌だな、って心のうちで思いながら読んでいました。
だって単純に悔しくて羨ましいから(笑)たまに真面目に柔道やるときは、熱くてとても面白いです。

最後の大会とか、もっとじっくりやってほしかったなぁって思います。
打ち切りだったのか、三年生になってからラストまで、あっという間に終わってしまいました。
飽きっぽい私にとって数少ない、もっと読みたかったのに…的な漫画です。

巻末外伝の桃里とベリ子の出会いのやつは本当に好きなんだよな~。
是非併せて読んでみてください。
チョメジのために涙を流せれば、もう立派な柔道部員。

>いでじゅう!(1)【電子書籍】[ モリタイシ ]

価格:432円
(2017/3/17 20:57時点)
感想(0件)